コンパウンドはどこまで有用?

車に細かな傷がついてしまった時などはコンパウンドを使うと細かな傷が目立たなくなりとても綺麗な状態にできるのですが、このコンパウンドというのはどこまで有用していけるのかについて、どんな傷にでもコンパウンドが有用だと思っている人もいるようです。しかしコンパウンドら大きな傷に対してはさほど効果を発揮してくれることはありません。あくまでも小さな傷となっていますので、走行中に枝で傷ついてしまったものや小さな石が飛んできて、傷になってしまったなどという場合にコンパウンドは大活躍してくれます。

またしつこい水垢が付いていて落ちないなんていう時にはコンパウンドで磨いてあげると、凄く綺麗に落ちてとてもキレイな状態になるのでお勧めです。ただ、ヘッドライトののガラスが汚れているなんていう時にコンパウンドで磨いてもキレイになることはなく、反対に見た目が悪くなってしまうことがあるので気をつけなくてはなりません。コンパウンドには細かな粒子が含まれており、この粒子がボディに付いた小さな傷に入ってくれるため、傷が目立たなくなるというシステムを利用しますので、ガラスの傷等に関してはコンパウンドで埋めることはできませんね。

スペーシア値引き相場

車内やアルミにも使えない

ダッシュボード周辺やインテリアパネル周辺などに傷がついてしまった時にコンパウンドを使えば傷が目立たなくなるかっていうとそうではありません。あくまでもコンパウンドというのは車のボディに対して有用なものであり、ダッシュボードやインテリアパネルの素材に関しては有用なものではありませんので、むやみに使わないほうが良いでしょう。むやみにコンパウンドをつかってしまうと、傷つけてしまったりコンパウンドの素材が残り、汚く見えてしまうようなこともあります。

またアルミホイールのキズに関してもコンパウンドで目立たなくさせるというのは非常に難しく、例えば白いアルミに小さな傷がついてしまい、白いコンパウンド使った場合であれば目立たなくなる可能性もありますが、ボディに付いた傷のように綺麗に目立たなくなるということはほとんどありません。コンパウンドはもともと車のボディのために販売されているものですので、違う使い方をしても効果を発揮してくれる可能性は少ないと思います。コンパウンドの使い方を間違えてしまうと、反対に車を汚したり傷が目立ってしまうことがあるので、必ずコンパウンドの説明書きを読んでから使うようにしてください。