中古車購入で譲れないポイント

中古車を購入する際にはいくつか、とても重要視しなければならないポイントがあります。このポイントについて気にせず購入してしまうと、後になって非常に困りますから、譲れないポイントをしっかりと把握しておきましょう。まず1番に譲れないポイントというのはどんなことになるかというと、過去に事故歴がないということになります。見た目はどんなに綺麗に見える車であっても過去の事故歴があれば当然車にはトラブルが生じている可能性が高く、実際に購入してからも次々とトラブルが起きてしまう可能性が高いと言えます。

過去の事故歴については中古車を販売している業者が教えてくれるかどうかの部分になってくるのですが、万が一嘘をつかれてしまうことのないように、車に詳しい人と一緒に車を見に行くと言う工夫や、購入した後に万が一過去の事故歴が発覚した場合にはどのような責任を取ってくれるかという内容を販売業者に確認しておくと良いでしょう。このような話をすることによって業者側としても嘘をつくことができなくなりますので、万が一事故歴があれば正直に話してくれると思います。そしてもう一つ譲れないポイントとして、走行距離がありますね。もちろん走行距離が短いほど良いのですが、最低でも7万キロを超えないような走行距離の車を選ぶようにしましょう。7万キロを超えた車は段々とトラブルが生じやすくなってくるので購入してからも修理費用などがかかってしまいます。

【調査中】フィットシャトルハイブリッド(HONDA)VSプリウスα(TOYOTA)どっちを買うべきか|フィットシャトルハイブリッド.jpn.com

細かな傷に関しては交渉次第

細かな傷などが気になってしまうといった場合には納車前に販売業者側でしっかりと傷を修復してくれるかどうか確認した方が良いでしょう。ほとんどの場合でしっかりと傷の修復を行ってくれると思いますが、なかには修復などを行わずそのまま販売する業者もいますので、契約する前に確認すると良いですね。

万が一傷の修復をしないまま納車をするという業者であれば納車前に傷の修復をしてくれるように話をしましょう。交渉を行うことによって、無料で修復してくれたり、とてもリーズナブルに修復してくれたりすることもあるので何も言わず購入するだけではなく、しっかりと交渉を行うことが大切だと思います。このように中古車を購入する際には、いくつか譲れないポイントがありますので、しっかりとこのようなポイントを確認して自分の中で把握した上で、チェックしていくようにしましょう。そうしないと購入してから様々なトラブルに悩まされてしまうことがあります。