新車を買うならディーラーしか無い?

自動車を購入する際には主に中古車を購入するのと、新車を購入するのとどちらが良いのかなんて迷ってしまうこともありますが、思い切って新車を購入する際にはディーラーでなければ購入することができないと思っている人もいるようです。確かに新車の購入はディーラーのイメージが強いのですが、ディーラーでしか新車を購入することができないわけではありません。中古車を販売している業者の中には新車の扱いがあるところがあるので、このような業者に依頼をして新車を探してもらうと良いでしょう。

ディーラーと提携を結んでいる中古車販売業者であれば新車を購入することができますし、サービスに関してはディーラーのものよりも手厚く、中古車販売業者特有のサービスになっています。ディーラーの場合には少し鼻が高いので対応が遅いなんて言う場合もありますが、中古車販売業者の場合にはこのようなことがありませんので、車を購入する際に不愉快に感じしまうような事も少ないと思います。例えばこれまで何度か中古車を購入してお世話になっている販売業者等がいるのであれば、新車の扱いがあるかどうかを確認したうえで新車を購入するというのも良いことだと思います。

ワゴンRスティングレー購入

新車だけではなく新古車も

中古車販売業者ではディーラーと同じように新車だけではなく新古車扱いがある場合もあります。新古車というのはどのような車になるのかを知らない人もいるようですが、新古車というのは試乗車として使われていた車などをリーズナブルな金額で販売してくれるので、新車とほぼ変わらないような状態のまま入手することができます。新古車は少し走行距離が伸びていますが、車の状態としては新車と変わりませんから、それだけ金額がリーズナブルになるというのはお得な買い物だと思います。

絶対に新車でなければ嫌と言う理由があれば仕方ありませんが、そうでなければ新古車を選ぶというのも賢い車の買い方だと言われていて、あえて新古車を探す事によって金額が安いだけではなく、ある程度エンジンをまわしているので、その分オイルなどもエンジンに馴染んでいるため、購入した後の走行が安定しているとも言われています。新車と新古車での金額の違いについては車によって違ってくるのですが、基本的には50万円から100万円ほどになっていますので、リーズナブルに新古車を購入し、更に様々なオプションをサービスしてもらうことによって、とても良い買い物ができるのではないでしょうか。ただ新古車の場合にはもともとムーンルーフのついてないタイプを、ムーンルーフの付いたタイプに変えてほしいなどと言う注文は受け付けられませんので覚えておきましょう。